新月の願い事のやり方・デクラレーションの方法を分かりやすくまとめています。理性と論理がスピリチュアルと交わる点、コトバを紡いで想いをつなぐ。叶えたい夢がある人は新月の日に願いを紙に書いてみてください。

ムートンブーツの手入れ方法!雨染み・泥汚れの落とし方は?

ムートンブーツを履いてる日に雨にあって、染みや泥汚れがついてしまうことがあります。私もUGGとEMUのムートンブーツを持ってますが、気にいっているので汚れるとショック!元通りに雨染みと泥汚れを落とす方法を知っておくのは大切です!シェアしますのでご参考ください!

スポンサードリンク

ムートンブーツが雨に濡れた時の手入れの方法は?

お気に入りのムートンブーツが濡れてしまったら、早めにお手入れをすることが大切です。ちょっとだけ濡れてしまった程度であれば、乾いた布で濡れてしまった部分をたたくようにして水気を取ります。その後、通気性の良い場所に干しておけば雨でぬれてしまった部分が跡にならずに済みます。

また、汚れてしまったような時は、水でぬらしたスポンジを固く絞って軽くたたきます。この時、汚れてしまったからと言ってブーツを直接水やお湯につけて洗わないようにしましょう。また、新聞紙を中に詰めると乾きが早くなるのでおススメです。

ムートンブーツがダメになってしまう理由で最も多いのが、雨にぬれた状態で放置しておいてしまうから。濡れている濡れていないに限らず、ブーツは帰宅後ブラッシングして汚れを落とすこと、防水・防汚スプレーを定期的に使うこと、濡れたらその日のうちにしっかりと乾燥させることが大切です。

雨にはとにかく予防!!

外出する時に雨が降りそうな時や汚れを防止するという意味も含めて、防水スプレーや防汚スプレーなどをしてお出かけした方が賢明です。表面に汚れが付きにくく、さらに少しくらいの雨ならはじいてくれるので、お手入れもかなり楽になります。

ムートンブーツに雨染みがついたときの手入れは?

時間の経過とともに雨でぬれたところがシミのようになって現れてくることもあります。いわゆる雨染みってやつです。

雨染みってやっかいです。今のシーズン中に気がつけばいいのですが・・・、冬が終わって保管し、翌年にいざ履こうと思ったらシミができていた!という経験をお持ちの方もたくさんいます。前年に履いた時に濡れたことが原因で、時間の経過とともにシミになってしまうんですね。シミだけならまだしも、カビが生えてしまうこともあるので、ムートンブーツは履いたらしっかりとお手入れをして保管しなければいけません。

ムートンブーツの雨染みを取る時は、水でぬらしたタオルを硬く絞ったものを用意します。固く絞ったタオルでシミを取り除いていくのですが、注意しなければいけないのが「こすらない」ということ。こすると表面がへたってケバケバになり質感が悪くなるうえ、汚れが広がることもあります。押すように、またポンポンと叩くようにしてタオルを当てていきます。ここでポイントとなるのが、シミになってしまっている部分はもちろんですが、シミの周りの部分も全体的に濡れたタオルで濡らすことです。

シミのあった部分が全体的に濡れて色が変わったら、そのまま自然乾燥させますが、風通しがいい日陰に干してあげましょう。この時、ムートンブーツの中に新聞紙を丸めて入れておくと、乾きが早くなるのでおススメです。もちろん、干すのは室内でも構いません。

しっかりと干して乾いたら、もう一度シミになってしまっていた部分を見てみましょう。まだシミが残っていたり気になったりするようであれば、シミが目立たなくなるまで同じ工程を繰り返していきます。

それでも取れないなら、一度ムートンブーツ専用のクリーナーを使ってお手入れしてみましょう。シミも落ちやすく、表面もキレイになります。私のお気に入りはこちらです。

シミの大きさ、シミの状態によっても異なりますが、何回か繰り返してもシミが取れない場合は、専門家に依頼してシミを取ってもらうのも一つの方法です。靴のクリーニングに対応しているクリーニング屋さんを近くで探してみてください。お金はかかりますが頑固なシミでも何とかなるかもしれません。お店によってお値段はかわりますが、1足あたり3000円ぐらいが相場です。最近はネットで申し込みして郵送対応してくれる靴の宅配クリーニングお店もあります。

スポンサードリンク

ムートンブーツについた泥汚れはどうやって落とす?

雨の日は、泥汚れもつきやすくなりますよね。靴底からつま先、かかとに、泥が跳ねた後がついてしまいます。

とにかくムートンブーツは汚れてしまうと、お手入れが少し大変になってしまうので、できれば汚れないように事前に注意しなければいけません。汚れてしまう可能性があるような時は履いていかないに越したことはないのですが、そうはいっても突然の雨に合うこともあるし、冬はムートンの暖かさゆえにどうしてもヘビロテしたくなるのが本心です。
まずムートンブーツを購入したら、防止スプレーをしたり汚れを防いでくれる保護スプレーを利用したりして、汚れを最小限に抑えておくことも忘れないようにしましょう。汚れても格段に落としやすくなります。

汚れ防止スプレーをしていないムートンブーツに、泥汚れなどが付いてしまうこともあるでしょう。そんな時は、こすりたくなってしまうところですが絶対にこすってはいけません。固く絞ったぬれタオルで汚れた部分をポンポンと叩くように根気よく汚れを落としていきます。タオルが汚れた部分で何度もたたかないよう、洗ったりキレイな面を使って汚れを落としたりしていきましょう。

また、泥汚れが付いている部分の周囲も固く絞ったタオルで濡らして、全体が濡れて色が変わったら風通しの良い場所で干しましょう。完全に乾いた状態になったらシミになっていないかどうかを確認します。

もしもまだ汚れがあるようなら、同じ工程を繰り返しましょう。それでも汚れが酷い時は、専用のクリーナーなどを使うことで落とすことができます。泥汚れであればだいたいこれでキレイになります。各クリーナーの使用方法に従い活用していけば、大半の泥汚れは落とすことができます。それでもダメなら、クリーニングですね。

まとめ

ムートンブーツはできるだけ雨の日は避けて使いましょう。雨染み・泥汚れにはすぐにお手入れするのが肝心!汚れ落としの専用スプレーは常備しておきましょう!それでもダメなら靴のクリーニング店へ!お気に入りのムートンブーツは上手にお手入れして、長く履いていきたいですね。

スポンサードリンク

関連記事

今日のお月さま


New Moon
New Moon

The moon is currently in Aquarius
The moon is 27 days old
Joe's

検索

このサイトについて

占いより語学や心理学が得意な(?)ごくごくフツーの30代女子である私が、いつもやっている「新月の願い事」のやり方を、わかりやすく丁寧にをモットーに、ご紹介しています。
経験と独自の視点で、願い事がかないやすくなるコツも書いてみたいと思います。
その他、アラサー女性に役に立つ情報も配信していきます。ちょっとでも悩み解消になるといいかなーと思います。
願いを叶えて、悩みを乗り越えて、日常を楽しんで行きましょう♪
このサイトでご紹介している新月の願い事の方法は、ジャン・スピラー氏の原著、「NEW MOON ASTROLOGY」に基づいています。
日本語訳本は「魂の願い・新月のソウルメイキング」です
運営者のプロフィールはコチラ

ツイッターでも新月満月をお知らせ中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。