新月の願い事のやり方・デクラレーションの方法を分かりやすくまとめています。理性と論理がスピリチュアルと交わる点、コトバを紡いで想いをつなぐ。叶えたい夢がある人は新月の日に願いを紙に書いてみてください。

2019年6月双子座の新月のスケジュール

スポンサーリンク

2019年6月 双子座の新月は、6月3日 19:03から始まります。

2019年6月双子座のボイドタイム表

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、 というように作業をスタートさせるといいです。

今回の更新は少し遅くなってしまいました。

更新前にもすでに双子座の新月で検索してきてくださる読者さんもいらっしゃったようで、お待たせして申し訳ありません。

このサイトでの新月発信もかなり長期になってきました。

新しい形を模索するのもよいかなと思案中です。(といいながら変わらず更新を重ねていくかもしれません。)

奇しくも、こうした新しい境地へと好奇心を広げるのにぴったりなのが今回の双子座の新月です。

西洋占星術でいえば、双子座の時期は、日本の春の最後の1か月に当たります。

季節の変わり目に柔軟に対応する性質を持つのが双子座です。

その性質は、新しいくて面白いものに飛びつく、知的な好奇心やエネルギーです。

良い方向へとその特徴が向けば、多彩で頭が良い、学習意欲が高い、目標や理想が高い、となります。軽やかさやフットワークの良さから、「移動」のテーマも含まれます。

悪い方向へと向けば、 移り気、注意散漫、落ち着きがない、神経質 といった具合に、目移りしやすい性質となります。いつもソワソワと落ち着きなく、何かに目が行ったと思えば、また新しいものに注意を奪われて地に足がつかない状態ですね。さしずめADHDのようなイメージでしょう。IQが高く集中力が途切れやすい感じですね。

また、双子座は男女が対になった双子です。兄弟姉妹や近親者との関係もテーマに含まれます。

加えて、あなたの中にある、二面性、隠れたもう一人の自分や裏人格などはあるでしょうか。もしくは、パラレルワールドがあったとしたら、あなははどんな人生を歩んでいたでしょうか? そんな空想に思いをはせて、新しい人生を描いてみるのも、自分の新たな面を発見することができて面白いかもしれません。

新月の願い事で叶いやすいテーマも、こうした性質に絡んだものになります。

コミュニケーションは大きなテーマになり、中でも二つの理想や二つの視点の良さを引き出し、意思疎通を図る点がポイントです。柔軟な思考や自由な表現、書き言葉や話し言葉にまつわるテーマは叶いやすいテーマになります。ボディーランゲージもかかわります。

身体でいえば、両肩、両腕、両手、10本の指、左右が対になっている肺、がテーマの部位となります。肺は空気と言葉を押し出す臓器であり、コミュニケーションに必要な身体部位がテーマなんですね。

コミュニケーションを通じて、アイデアや情報交換を活発に行うこともテーマに入ってきます。ワクワクする新しい情報を得ていきたいなら、絶好の願い事チャンスでもあります。

逆にたくさんの情報に目移りして落ち着きがないと悩む人は、改善できるような願い事をするといいでしょう。

表面的なことだけでポンポン情報処理をして、あとから間違いに気づいて公開することが多い人などは、リラックスして落ち着くための願い事を入れておくといいかもしれませんね。

双子座の新月の願い事の書き方、例文は、こちらでも詳しくご紹介しています。

双子座の新月の願い事の書き方はこちら>>

自分の枠を広げるために、あなたはどんな願い事を書きますか?

スポンサーリンク

関連記事をどうぞ


関連記事

新月ニュースレター

新月の願い事ニュースレター

今日のお月さま


Third Quarter Moon
Third Quarter Moon

The moon is currently in Leo
The moon is 20 days old
Joe's

検索

このサイトについて

占いより語学や心理学が得意な(?)ごくごくフツーの30代女子である私が、いつもやっている「新月の願い事」のやり方を、わかりやすく丁寧にをモットーに、ご紹介しています。
経験と独自の視点で、願い事がかないやすくなるコツも書いてみたいと思います。
その他、アラサー女性に役に立つ情報も配信していきます。ちょっとでも悩み解消になるといいかなーと思います。
願いを叶えて、悩みを乗り越えて、日常を楽しんで行きましょう♪
このサイトでご紹介している新月の願い事の方法は、ジャン・スピラー氏の原著、「NEW MOON ASTROLOGY」に基づいています。
日本語訳本は「魂の願い・新月のソウルメイキング」です
運営者のプロフィールはコチラ