2020年4月牡牛座の新月のスケジュール

2020年4月牡牛座の新月のスケジュール

2020年4月 牡牛座の新月は、4月23日 11:26から始まります。

 

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、というように作業をスタートさせるといいです。

更新が遅れてしまい申し訳ありません。

世間はコロナウイルスの話題で持ちきりかと思います。外出自粛要請が出て、学校も休みになり、仕事はリモートワークが進み、業種によっては休業や廃業にまで発展。生活が激変する事態となっています。

まずは自分と自分にかかわる人の健康、ひいては命を大事に。そして経済的影響を受けている方々の生活が一刻も早く立ち直れるようにと願ってやみません。今回の新月の願い事には、このサイトに訪れた人の安全と平和を書き入れようと思います。

良くも悪くもコロナを境目に、生活は激変します。疫病や不況は膿だしのようなものです。今までの生き方のマイナス面がことごとく足を引っ張る展開になります。しかし、ここで気持ちを前向きに切り替え、足をひっぱっている事柄をしっかり見つめ、一つひとつ対処していく。マイナス環境のなかでも工夫をして行動を早く取った人はダメージを最小限にとどめることができます。むしろプラス転じることもできるはずです。

かなり抽象的な言い方になってしまいますが、これまでの既成概念や執着を手放して、新しい境遇や変化を受け入れて、「しゃーないな」ぐらいの気持ちで対処していけるほうが幸せに暮らせます。少し生活をサイズダウンし、限られた選択肢のなかでミニマリズムな生き方をしてみると新しい発見もあるでしょう。

変化に対応できる人が幸せになれる時代と言えそうです。

では今回は、牡牛座の性質から新月の願い事が叶いやすいテーマを紐解いてみましょう。

牡牛座の牛、どっしりとしたイメージです。動きものんびりとしており、重厚さの象徴です。良い印象の側面を言えばエレガントで信念に満ちており安定しています。

悪い印象の側面を言えば、強気で頑固。どっしりとその場に居座ってテコでも動かないイメージといえばわかりやすいでしょう。

牡牛座の英語名は「Taurus」です。ミノタウロスを知っていますか? ギリシア神話に登場する牛頭人身の怪物 のことです。タウロスは牛を指します。

スポンサーリンク

牡牛座の大きなテーマは安全と安定です。

心地よさを最も重視します。落ち着いた実用的な事柄がテーマになってきますし、クラシックなものもテーマになってきます。高貴で美しくエレガントであることもテーマです。揺るがない美しさとでも言いましょうか。

ゆったり構え、生産性が高くて、決めたことに対しては全力を尽くすのです。

そんな牡牛座の職業テーマには、経営者や支配人、銀行、会計士、農業や調理師などがあげられます。

大きな組織をどっしりと守る立場であったり、時間をかけて何かを生み出していく仕事ととらえるといいですね。また現実主義で実用主義というイメージから出てくるように金融もテーマになってきます。

また、牡牛座の良い面を上げてきましたが、これらは行き過ぎると悪い面にもなってしまいます。現実主義で実用主義なのは良いのですが、物質主義的な側面が顔を出すとそれ以外の精神性などには目もくれません。

また古風で伝統や既存の規則にこだわり、こだわるがゆえに執着と独占欲も強く出てしまうことがあります。流行や変化は取り入れるのに時間がかかり、抵抗を示してしまうことがあるでしょう。それこそ道の真ん中に座り込んだ牡牛のごとく動き出すのに時間がかかるのです。

頑張っているのに変化に適応できない、流れについていけない、安心できない、ということであれば、それらを改善するための願い事を書いておくとよいでしょう。くしくも今月は、そのような面に向かい合うように促されているように感じられます。安心安全を取り戻すためには、変化を受け入れつつ大事なことを見極めて残していくこと。心は牡牛のごとくどっしりと構えつつ、執着と固執は見直して変化に対応していきましょう。

牡牛座のテーマになる体の部位は、 のど・あご・首・甲状腺・声と声帯 です。首の周辺ですね。エレガンスは首元とはよく言ったものです。

そのほか、牡牛座の願い事の書き方、文例などはこちらもどうぞ。

牡牛座新月の願い事 書き方の例はこちら>>

この世界規模の展開の中で普遍的に大事なものは何?そして何への執着を捨てますか?