次の新月は8月8日:獅子座の新月です

2020年9月乙女座の新月のスケジュール

2020年9月乙女座の新月のスケジュール

2020年9月 乙女座の新月は、9月17日 20:01から始まります。

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、というように作業をスタートさせるといいです。

2020年は、実は西洋占星術においても変化の年であるとされています。数百年に一度とも言われるようなの配置がめぐってきたりと、イベントが多い年なのです。前例がないぐらいであり、占星術が好きな方の間ではかなりの話題になっています。

その中でも大きいのが、「山羊座トリプルグレートコンジャンクション」そして年末に「水瓶座グレートコンジャンクション」が起きるというもの。この流れにより新時代が始まるともささやかれています。

山羊座で木星、土星、冥王星がほぼ同じ角度に並び、その後12月に水瓶座で木星と土星が同じ角度になります。

山羊座は物事の価値を知る世界、コミュニティや政治や社会的なもの、をつかさどるといわれています。

物事を拡大発展させる木星、制限、宿命、時間を表す土星、破壊と再生という陰陽がひっくり返るような大変化を司る冥王星。

これまでの安定や価値観が大きく揺らぐ。2020年のテーマの一つだと言われています。

そして年末辺りに水瓶座へ土星と木星が移り変わっていくことで、水瓶座のつかさどる情報、個人の自由、目に見えない物が価値を持つ世界へと変化を見せると読むことができるのです。

まさにコロナで変わっていく世界を示唆しているように感じられますね。

たくさんの変化が起きる年、今月も願い事を書いて乗り切っていきましょう。

今月の新月は乙女座の新月です。

乙女座の象徴は処女です。ただし肉体的なものというよりは精神的な側面での健やかさや神聖さ、純粋さです。責任感を持ち、自ら人の世話を引き受け、自分にも他人にも誠実です。

神に仕える巫女のイメージがよりフィットするかもしれませんね。

個人の責任を果たしつつ、地域や社会に貢献する。

そのために我慢強く現実的に考え、思慮深く行動し、熱心にコツコツと働きつづけるイメージです。

スポンサーリンク

他人に対しても要求を多く出しますが、自分に対しても同様に納得できる行動を取ろうと同じく要求を課すのです。

乙女とはそのようなイメージを浮かべてください。

そこから導き出される願い事に適したテーマは、秩序だった行動や、純粋な動機でコツコツと努力することです。

日常生活でも仕事でも、健康問題でも、人間関係でも。そうした姿勢を伴うテーマは今月叶えてしまうのが最適です。

なにか適当にしてしまっていることはないでしょうか。食生活の乱れや、睡眠など生活リズムの乱れがあれば正してしまいましょう。

仕事上でなんとなく場当たり的にしていたことを整理し、ルールを作ることで、毎回考えなくてもできるようにしてみるものいいですね。

ぐちゃぐちゃになっているものを整理整頓するのもよいでしょう。

自分の生活だけでなく、他者に対してもこうした秩序を与えるようなサポートをできるよう、願いを書いてみるのもいいでしょう。職場の仕事のルール作りや環境整備もよいテーマです。

乙女座の願い事テーマとして適している職業は、研究員やアナリスト、統計学者、図書館司書など、データ分析と問題解決能力の生きる仕事が最適です。食事や栄養のアドバイザーや看護師などもテーマに入ってきます。

誠実な対応で、コツコツと事実を見極めて処理し、結果を出していけるように願いを定めるとよいでしょう。

逆に乙女座のテーマが悪い方向にでると、完璧主義やこだわりすぎ、ストイックすぎて融通がきかない、批判がましいといったことになりがちです。そのような面を改善したいと感じている方は、ぜひ今月の願い事で改善したいと書き込みをしていきましょう。

今の時代の変化への対応に関しても、何かしら適応できるようになるかもしれません。

乙女座のテーマとなる体の部位は、神経系と消化器系です。栄養と健康に関する部位になります。大腸小腸、消化吸収、太陽神経叢、またそれらの部位の病気改善などが最適なテーマです。

その他、乙女座のテーマや願い事の具体的な書き方はこちらを参照してください。

乙女座の新月の願い事 書き方の例はこちら>>

今あなたが秩序やルールを構築したいものは何ですか?