2021年5月牡牛座の新月のスケジュール

2021年5月牡牛座の新月のスケジュール

2021年5月 牡牛座の新月は、5月12日 4:00から始まります。

 

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、というように作業をスタートさせるといいです。

牡牛座のテーマは、まさにゆったり構えて牧草を食べる牛のごとしです。自分の好きなところに寝そべり、地面の草をじっくり味わって食べ、豊かさを満喫している牛さんを想像してください。満たされてふくよかな体格、どっしりとした貫禄です。

無理に引っ張って動かそうとしてもびくとも動かないのですね。

古代オリエントでは牛は信仰の対象となっており、富と繁栄の象徴とされていました。

牡牛座のテーマも物質面での豊かさ、所有がキーになります。それらを蓄え安定している状態もテーマになります。現実的な部分での満たされた感覚ですから五感がテーマとなるのです。

自分の五感、感覚が満たされることを主軸におくのですから、自我欲求が強い星座でもあります。自分が良いと思ったもの、良いと感じるものを中心に据え、自らの欲望を肯定し、思いのままに求め所有するのです。

新月の願い事でも、この牡牛座の新月の時には、自分の欲望を直視し、肯定し、欲望のままに願い事を書くことに専念するといいですね。

西洋占星術では風の時代、水瓶座の時代といわれています。情報や人の流れが速くなり、これまでの価値観や常識がどんどん風化していく時代。ともすれば自らを見失いがちになってしまいます。

牡牛座のテーマとなる自分の欲望は、生きる原動力となります。自分が生きる軸ともなるものです。時代の空気や他者との関係性を意識したものではなく、理性も常識も考えずに「欲望」だけを見つめてみましょう。

常識が通用しない時代の変わり目、これまでとは異なる状況のなかで、もしかしたらこれまでは抑圧していた自らの欲望が叶えられるようになっていくのかもしれません。

働き方も変化しますし、男女の役割や生まれつきと生きる上での性別の選択すらも変化しますし、お金の稼ぎ方も多くのバリエーションが出てきています。コロナなどで不自由を感じることも多い昨今ですが、物質面でも選択肢はどんどん増えています。

見直してみれば、これまで満たされなかった欲の代償として所有しているものに気が付くかもしれません。

スポンサーリンク

人間は欲によって生きています。食欲、性欲、睡眠欲、独占欲、金銭欲、所有欲、承認欲求、自己実現欲求などなど。過剰になれば害になりますが、なければ生きる気力がなくなってしまいます。

今の時代のなかで満たせるものをどんどん満たしていきましょう。そのためにもまずは自らの中にある欲望を認め、意識に上らせていくことです。新月の願い事を活用していきましょう。

自分の欲に忠実に目標を定めると、ゆるぎない信念となります。自分に正直に生きて、自分の欲を肯定していると、生きるのが楽です。

五感を満たす願い事も今月はテーマとして最適です。五感とは、視・聴・嗅・味・触の五つの感覚です。

見た目にきれいになりたい、見目麗しいものに囲まれたい…

キレイな音楽、心地よい音、静かな空間を手に入れたい…

良い香りに包まれるには…?芳香、おいしい料理のにおい、自然の空気…

大好きな食べ物を心ゆくまで食べたい…おいしい貴重な食べ物を入手したい…

着心地の良い服が欲しい、人との肌のふれあいを求め楽しみたい…

こうした五感直結の現実的な願い事をするには最高のタイミングです。理性のリミッターを外して願い事を書いてみてくださいね。とても楽しいと思いますよ。

しかし逆に自分の欲ばかりを追求するあまり他人を犠牲にしたり、欲を膨らませて固執して自らを害してしまうとなると問題です。欲を満たす場合はあくまで「適正に」満たすことを念頭に願い事を書くといいですね。我欲のためなら不正や犯罪をしてしまったり、独善的になって周囲に害を与えるとなると、よからぬ未来を招きかねません。

そして欲に固執しすぎればただの「頑固」な人間になってしまいます。変化のスピードが速い風の時代においては頑固になって変化についていけなくなると運気を逃しかねません。あまりに欲が強くそこから離れることができない人の場合はそれらを緩和させるような願い事を書くとよいですね。

牡牛座の願い事に最適な体の部位は、咳・のど・あご・首・甲状腺です。そして・声と声帯もテーマになります。改善したい場合は願い事に書いておくと叶いやすいでしょう。

その他、牡牛座のテーマや願い事の具体的な書き方はこちらを参照してください。

牡牛座の新月の願い事 書き方の例はこちら>>

あなたの根源的な欲望は何ですか?