2022年3月魚座の新月のスケジュール

2022年3月魚座の新月のスケジュール

2022年3月 魚座の新月は、3月3日 2:36から始まります。

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、というように作業をスタートさせるといいです。

3月3日のひな祭りに到来する魚座新月。

西洋占星術ではひな祭りは全く関係ありませんが、ひな祭りは桃の節句桃は魔除けの効果を持つと信じられていました。まだ寒い日もあるこの時期に咲きこぼれる桃の花には新しい春の訪れと暖かい季節の始まりを感じ、希望を受け取る人が古来から多かったのかもしれません。

さて本題の西洋占星術においては、2022年は拡大と発展の星、木星が魚座に滞在する年です。そしてその魚座で今月新月があります。魚座は、受容、共感、癒し、イマジネーション、精神性、スピリチュアリテイなどがテーマとなります。

その星座に拡大発展の木星が鎮座する一年は、壮大な夢も妄想も叶えてしまうような力に満ちています。

その一年の象徴的な新月となるのが、この3月3日の魚座新月です。新月は木星の近くに位置し、さらに海王星も近くに位置します。海王星は精神性を司るほか、大きな特徴として自己と他者の境界をかるく飛び越え、奉仕や自己犠牲もいとわず、無制限に物事を増幅させる傾向があります。

木星×海王星で無限の広がりが連想されます。それも新月というスタートの時期であり、これまたイマジネーション豊かな魚座が掛け算されるのです。

広げたい世界、夢、思ったことを魔法のように叶ったら…そんな妄想とも思えるような話も叶ってしまうかもしれません。

無意識に自分に制限をかけていることはないでしょうか。常識に縛られていることはないでしょうか。今は自分の枠組みをとっぱらってしまえる時期でもあります。

スポンサーリンク

ただし何もしなければ何も起こりません。このタイミングに乗って「これを広げていきたいのだ」と意志をもって開始する必要があります。制限がなくなる星回りは同時に混沌として掴みどころがないのです。思うだけでは妄想や虚構で終わってしまいます。イマジネーションを広げたら形にしましょう。木星の力がそれを助けてくれます。

その第一歩として、魚座新月に願い事を紙に書いていきましょう。

魚座のテーマには境界をなくすというものがあります。自他の区別がなくなるため、他人のことも自分の事のように感じる優しさもテーマになります。奉仕精神もここからきています。同じく奉仕をテーマに持つ乙女座は義務感や責任感や正義感を伴いますが、魚座はもう他人のことを自分のことと捉えてしまう一体感があるのです。

他人のことも自分の事のように感じてしまいますし、同時に自分のことも他人がわかっているのではないかと感じているところもあります。敵味方の感覚はありません。別け隔てもないのです。

恋愛においては相手との一体感、かなりロマンチックで特別な感覚ですね。

しかしともすれば、それはあまりに敏感すぎてわかりすぎるということ。わかりすぎると思いつつもそれはやはり他人の感情や感覚であり、自分のそれとは異なるかもしれないという視点もないのです。喜びは倍になり苦しみも倍になることもあります。

わかりすぎる、共感しすぎるための苦しみを持っている人は、それらを改善し楽になるための願い事を書いておくのも良いかもしれません。

新月の願い事はその時のあなたの心のままに書けばOKです。魚座のテーマがあればそれも取り入れて、ぜひこの新月に願い事を書いてみてくださいね。

また魚座の願い事に最適な体の部位は、足です。外反母趾・リンパ腺・中毒や風邪といった症状もテーマになります。これらの部位に関して改善したいことや向上させたい願い事があるならばぜひ書いておきましょう。

その他、 魚座 のテーマや願い事の具体的な書き方はこちらを参照してください。

魚座の新月の願い事 書き方の例はこちら>>

あなたの壮大な夢はなんですか?