2022年7月獅子座の新月のスケジュール

2022年7月獅子座の新月のスケジュール

2022年7月 獅子座の新月は、7月29日 2:55から始まります。

ピンク色の時間帯が、新月開始から8時間です。願いが叶う力が最も高い時間帯です。
この時間帯に願い事を考え始める、書き始める、というように作業をスタートさせるといいです。

前日の15時すぎには月は獅子座に移動します。新しい物事が始まるタイミングに着々となっています。

西洋占星術においては、木星の位置と月の位置の関係でとても発展的です。

何が何でも自分の意思を貫く、自分で何とかする、他人や周囲が何を言おうとも成し遂げるという強さを感じます。

もともと獅子座のもつテーマがそうなのですが、今回の新月はより強い印象です。

あわせて木星の逆行というイベントが7月29日から始まります。物事がなんとなく調整中のようになります。流れが止まっているように感じますが、あくまで調整しているだけで、スピード感が鈍く感じる展開です。決して悪いものではないのですが。

順調な物事が少しペースダウンする中、ちょっとゆっくり自分を見直すことができそうです。

スポンサーリンク

特に木星が位置する牡羊座と魚座のテーマについて振り返ってみるのがいいでしょう。牡羊座のテーマである自我、つまり自分とは何かを振り返る。魚座のテーマである癒しや許しについて振り返る。そんな展開がよさそうです。

それらを獅子座新月が、意思を成し遂げるパワーで後押ししていく展開となるでしょう。

獅子座の新月に適したテーマは、周囲から自分を認めてもらい、自分の個性を主張していくこと。まさに百獣の王である獅子のように誰から見ても堂々としているイメージを作り上げることです。

自分だけではなく、他人を通じてもそう感じる行動、ふるまい、主張が肝心です。

もし他人から見てそうではない、となると単なる独りよがりになってしまいます。自己愛が強く我儘に感じられてしまいます。

そうした悩みがあるのなら改善する願い事を入れておくのも良いですね。

獅子座の願い事に最適な体の部位は、背中・背骨です。炎症や憔悴といった症状についてもテーマになります。これらの部位に関して改善したいことや向上させたい願い事があるならばぜひ書いておきましょう。

その他、 獅子座 のテーマや願い事の具体的な書き方はこちらを参照してください。

獅子座の新月の願い事 書き方の例はこちら>>

あなたが主張したいものはなんですか?