次の新月は8月8日:獅子座の新月です

アゲート(めのう)の特徴と意味は?パワーストーンとしての効果と石言葉は?

アゲート(めのう)の特徴と意味は?パワーストーンとしての効果と石言葉は?

アゲート(めのう)というパワーストーンには、どんな特徴や効果があるのでしょうか。石の意味や石言葉を知って身に着け、見るたびに声をかけて育てれば、願いを叶えるアイテムとして活躍してくれます。アゲート(めのう)のプチスピリチュアルな個性を紹介します。

スポンサーリンク

アゲート(めのう)の特徴は?

アゲート(めのう)は、世界的にも有名なパワーストーンの一つである、とされています。

緑、青、赤、黄、黒など、さまざまな色のものがあります。
日本でもこちらの石は多く見ることが出来ると同時に、素敵な色模様などがある美しい石の一つとして好まれてきました。

カメオにも使われますし、数珠にも使われます。
印鑑にも使われますね。

黒色系統からオレンジ系統のものなど、様々なものがあります。

天眼石やブルーレースと呼ばれるものも、アゲートの亜種です。

模様と同じく、エネルギーも多彩なタイプを持っています。

実は石としては石英(カルセドニー)と同じ成分であり、縞模様になったものや内包物(インクルージョン)があるものを特にアゲート(めのう)と呼びます。
石英の中でも、一つの結晶が大きく育ったのが水晶で、小さな結晶が集まったのがカルセドニー、半透明で模様がきれいならアゲートなのです。

アゲート(めのう)の意味は?

アゲートの名前の意味ですが、シチリア島にあるアカーテ(acate)という川のほとりで発見されたことからきています。

スポンサーリンク

「めのう」は、「瑪瑙」と書きます。
原石が腎臓状で牛の脳のようだったことから命名されました。

アゲート(めのう)の効果は?

アゲートの効果を一言でいうならば、

結びつきを強め、まとまりを強くする、ということです。

グループでの行動や、人間関係において、結束を固めるにも最適です。

また、心身のバランスを整える野にも適しています。肉体の修復、精神の傷の修復、どちらにも効果を発揮します。

結びつきを強めることから、家族関係を良くしてくれる効果も期待できます。

アゲート(めのう)の石言葉は?

アゲート(めのう)の石言葉は、絶対コレという言葉があるわけではないようです。

石の持つ色合いや模様、個性のバリエーションがそうさせるのかもしれません。

テーマとしては 絆・バランス・修復です。

「対人関係調和」「長寿」「健康」

「人との人間関係を良くする」
「困った人間関係などを修復してくれる」
「家族との繋がり、愛情を深める」

石言葉としては、このようになってきます。

「石言葉」は「意志言葉」でもあります。

パワーストーンを身に着けて、石に願いを語りかけることで、脳に願望実現フラグが立って、本当に願いを実現できる運気や役立つ情報をマグネットのように引き寄せます。力を貸してくれたパワーストーンには「ありがとう」の声かけをしてコミュニケーションを取ることで、よりあなたにフィットした石に育っていきます。

石の個性とあなたの個性をかけ合わせて、上手にパワーストーンを活用しましょう。