次の新月は8月8日:獅子座の新月です

書き方

暑中見舞いと残暑見舞いの時期の違いは?書き方は?返事はどうする?

暑中見舞いや残暑見舞い、毎年書く習慣がないのにもらってしまうと、いつからいつまでに出せばいいかとか、どう返事したらいいかとか、迷いますよね。基本の書き方とマナーをご紹介します。 暑中見舞いと残暑見舞いの時期はいつからいつまで? 暑中見舞いと残暑見舞い、いつまでが暑中でいつからが残暑か、わからなくなることも多いですね。 そもそもの「暑中」の定義とは、二十四節気の「小暑」と「大暑」をさします。 暑中見 […]

関連記事をどうぞ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー スマホ用の広告

新月の願い事が叶いやすくなる言葉まとめ

新月の願い事が叶いやすくなる言葉の選び方をまとめてみました。願い事を書いているのに、イマイチ叶う実感がない!という方、ちょっと願い事の書き方に工夫をしてみませんか? <簡単に叶うというニュアンスの言葉を入れる> 願い事が簡単に叶うようなニュアンスの言葉を入れるといいとされています。「すんなり」と入れるといいとジャンスピラーさんも言っています。 「すんなり」以外にの言葉のバリエーションを集めてみまし […]

新月の願い事を書いた紙はどうする?処分していい?保管場所は?

新月の願い事を書いた後、紙はどうしたらいいのかという疑問を持つ方も多いようですので、ご紹介しておきたいと思います。 新月の願い事を書いた紙はどうすればいいか 新月の願い事を書いた紙は、ジャン・スピラーさんによれば、 ”捨てることさえしなければ、あなたのご自由に” だそうです。 捨てることさえしなければ、自由にしてもいい・・・、ということですが、 願い事を取っておいて、必ず見直さなくてはいけないわけ […]

獅子座の新月の願い事

獅子座は、人生の主役が自分であることを強く意識しながら、主体的に自らの魅力を十分に発揮することがテーマになります。 蟹座で育んできた 情動、感情、喜怒哀楽の気持ちを元に、獅子座では、自己を表現すること、楽しむこと、喜びを体験すること、感動すること・・・と自分らしい輝きや個性を持った生き方をする願い事が適しています。 自分の中から湧き上がってくる欲求に従って、積極的に自己アピールをすることもできるよ […]

蟹座の新月の願い事

蟹座は、自分の感情を素直に表現することがテーマになります。 双子座が「情報」をつかさどることを得意としていましたが、蟹座は、人間の基本的な感情「喜怒哀楽」をはぐくみ、「情動」をつかさどる星座と言えます。 自分が本当に感じていることが何なのか・・・。感情や情動に意識を向け、高めていく願い事が適しています。 自分の身の回り、衣食住を心地よくすることを願いに入れるといいでしょう。家の中を過ごしやすくした […]

双子座の新月の願い事

双子座のテーマは、人との関わりを通して自分の世界を切り開いていくことです。 好奇心と、情報収集力やコミュニケーション能力を高めることが、願い事のテーマに入ってきます。 他者との関わり、社会的な関わりの中での振る舞い方や、高い実務能力と処理能力、交渉能力を磨いていくことも願いに入れてみると叶いやすくなります。 逆に、自分の能力を高めることだけに集中し過ぎてしまう方は、自分の枠を拡げ、多様性を楽しめる […]

新月の願い事の書き方:心の声を大切に

  いろんなところで、願いが叶ったり、叶わなかったりという話を聞きますが、私が実践している中で、 効果的に願いの実現に近づいているかどうかって、ちょっとしたところで変わってくると思います。 願い事を紙に書き終えた後、読み返して チェック をしていますか? これ、必ず読み返すことをお勧めします。 私は必ず声に出して、読み返してみます。 ちゃんと、これでいいと心の中でしっくりくるかどうかをチ […]

新月の願い事の書き方:絶対手書きの理由

新月パワーで願い事を叶え、夢を実現させるためには、願い事のリスト作成を必ず、手書きでやらなくてはいけないとされています。 パソコンで作ってはだめなんですね。 どうして? という理由については ジャン・スピラーさんは、「なぜだか理由はわかりませんが、願い事をしていくうえでの長年の経験(years of experience)から」とおっしゃっています。(原著:NEW MOON ASTROLOGY P […]

牡牛座の新月の願い事

牡牛座のテーマは、自分の欲求を自覚し、存在価値を確立すること。他者の評価に頼らず、自分の価値観に忠実に、自分の存在を高めていくという願いが叶いやすくなります。 例えばそれは、お金や経済面でのことや、自分の価値を確立すること、自分の身体的な感覚を大切にすることだったり、 物質的なことや、五感に訴えるものに対して素直に楽しむことなどがテーマとなります。 逆に、物質的な充足感や自分の感覚にあまりにも執着 […]